アトピー実体験ストーリー

悲惨!アトピーに勝てなかった男の末路

投稿日:2014年10月9日 更新日:

アトピー実体験ストーリー

前書き

 脱ステをする中で貯金は底を尽き、いよいよ働かなければならない状態となりました。お金がなければ生活できません。家族も決して裕福とは言えませんでしたからこれ以上迷惑をかけられない状況でした。

 

いきなり社会復帰するとストレスや生活リズムも乱れてしまう。今までの苦労がすべて水の泡になる。そう思った僕はまずバイトから始めることを決心。

 

そしてそのあとはどうなったのか?脱ステをして社会復帰した管理人自身のお話をさせていただきます。

 

本編(バイトも意外とハードだね)

100万円あった貯金も底をつき、いよいよ生活していくためのお金が必要になりました。

 

アトピーの症状は出なくはなりましたが何日に一回かは体の調子が悪くなります。おそらく脱ステで体力がなくなったことが原因です。

 

体力がない状態で仕事をすればストレスの影響は受けやすく再発するのでないかという恐怖を抱えていました。だから僕は負担の少ないバイトからはじめようと決心したわけです。

 

さっそく僕は今住んでいる家の近くに本屋さんがあったのでそこに面接を受けに行きました。

 

そして実際に面接を受け思ったこと。バイトでもしっかりとした面接があるんだなと思いました。←(バイト未経験だったので)

 

店長が面接官だったのですが、会社を辞めてから今まで何をしていたのですかという鋭い質問をされました。僕は正直に答えました。

 

そのほかは特に変わった質問もなく滞りなく面接を終えることができました。後日、採用の電話がかかってきました。やったね、たえちゃん。

 

店長にはバイトの日を週、4日ぐらいにして欲しいといったのですがシフトを見ると週5日になっています。どうやら”ぐらい”と曖昧にしたのがいけなかったらしい。

 

時給700円×1日5時間×20日の計算で月収約7万円の給料です。

 

生活していくにはお金があったほうがいいし、仕方ないと考えました。バイトの時間は、夕方から夜までの仕事になります。

 

僕は必死に働きました。

 

最初はなれなかった作業も仕事を重ねていくことで今では指導なしでも仕事ができるまでになりました。新しい仲間も増え、仲良くしていただきました。

 

アトピーの症状が今のところ出ていないので、このまま社会復帰しても行けるのではないかと自信がつきました。

 

しかしそれが慢心を生む結果となります。

 

仕事が終わってその疲れを癒すために今まで行かなかったコンビニへ行き甘い物を買うようになっていました。今まで我慢してきたのですが、ついつい先輩の誘いを断れなくて一緒について言ってしまったのがきっかけです。

 

先輩のお菓子に酎ハイを買っている姿を見ると、自分もそれを食べたいという欲求にかられます。結果、お菓子を買うようになってしまいました。

 

そして、いつしかそれが、バイト終わりの楽しみになっていました。

 

今日はシュークーリムが食べたい。ご飯を食べ終えると買っていたスイーツを机の上に乗せ、しばらく眺めます。そしてそれを手に取り、口いっぱいに頬張り、そのとろけるような甘さをゆっくり噛み締めました。

 

さてこうなってしまったらもう止まりません。今まで我慢していたこともあり、症状が出ないから大丈夫だと思い込んでしまったのがまずかった。

 

それから、なんやかんやで2年以上そのバイトを続けていました。しかしそれを見かねた親は僕にプレッシャーをかけ始めました。そろそろハローワークに行けと・・・

 

アトピーは再発する気配はありません。

 

確かにこの調子なら大丈夫だろう、そろそろ貯金もほしかったので、ハローワークに通い始めました。さすが田舎というべきでしょうか?

 

いいところが全くない!

 

それでも今のバイトよりかは給料がいいのは間違いありませんでした。僕はいいと思ったところを手当たり次第、面接を受けに行きました。

 

決まって面接の際に問われるのが会社を辞めてからの空白の期間でした。僕は嘘をついても仕方ないと思い正直に話していました。

 

それが原因か郵便届けに来る封筒はすべて不採用の通知しかありません。ああいと悲しきかな。。

 

やはり、支障があることを表向きにしてしまうと会社は採用しづらいようですね。こっちは辛い思いをしてきたんだぞ。少しは察しろ。僕は社会に出ることに抵抗するようになりました。

 

それでも、親からの圧力には逆らえないし、僕自身もこのままではいけないと思っていました。それからもプレッシャーと戦いながら面接を受け続けました。

 

そしてある就労支援会社に面接を受けに行ったところ、後日採用の通知が届いたのです。就労支援というからには障害者の方の仕事のあり方を教える側になるということです。

 

僕は逆に就労支援を受ける側になりたかったのですがアトピーは障害者には該当しません。(当たり前ですが)

 

いずれにしても支障がある人の気持ちがわかるからこそ、僕を雇ってくれたのでしょう。感謝の気持ちでいっぱいでした。

 

しかし仕事の内容は僕の想像するものとははるかに違っていました。その仕事の内容というのが葬儀をすることでした。社長はいろいろな事業を手がけていて、その一つが葬儀会社だったというわけです。

 

人員不足のため、僕はそこに配属されました。

 

求人票の内容ではそんなこと一言も書かれていませんでしたよ。確かにそこ(葬儀会館の事務所)には障害者の方がフロントとして働いていました。

 

障害者の支援が目的なら、フロントの業務を一緒にしていく中で教育をしていくものだと考えていましたが、実際はそうではありませんでした。

 

実際に葬儀の仕事に就き、葬儀の担当ができるようにすることが会社側の希望だったのです。就労支援が目的ではなく葬儀の担当につけと。つまりはこういうことです。ふざけんな。

 

僕は腑に落ちませんでした。

 

それでも今辞めたところでほかに雇ってくれる会社なんて存在しないだろうと考えました。僕はしぶしぶ葬儀をやることを了承したのです。

 

いつ亡くなったという電話がかかってくるかもわからない、そしていざ仕事が入るとミスができないというプレッシャーが僕に襲いかかります。

 

そして恐れていたことが現実になります。僕はストレスに打ち勝つことができませんでした。

 

そうそのころから、小さな発疹が出来始めたのです。一度発疹ができるともうどうなるかは大体想像がつきます。

 

それから数週間がすぎるころ、アトピーが再発するまでに、そう時間はかかりませんでした。

 

あんなに治すのに苦労したのに、恐ろしいスピートで症状は悪化してしまいます。

 

それでも会社を辞めるわけにもいかず、再びステロイドに手を出してしまいました。

 

確かに食生活の乱れは僕の慢心からのものです。しかしストレスは別です。対処のしようがありませんでした。

 

僕はこうして社会での生きにくさを感じながら現在を生きることになったのです。アトピーが再発した現在、ほかの会社で働くにしてもストレスはまとわりつくでしょう。

 

そしてそれはアトピーの治療の妨げになります。

 

それでもアトピーを治すことを諦めてしまってはいけない。諦めたら今までの人生そのものを否定することになるわけですから。

 

だから僕はもう一度立ち上がる決心をしました。もう決して慢心はしないし、やることを明確にしました。

 

そのやることと言うのは実際にそれが達成できたらお伝えします。今はまだ実現には至っていませんが成果は確実に出ていますので、近いうちにお伝えしようかなと思います。

 

あとがき

現在も葬儀の業務をしながらアトピーと戦っています。仕事の時間、すべてがプレッシャーの時間です。

 

やはり働きながらだとアトピーを治すことは難しいなと痛感しました。

 

その中で自分がしなければならないことは何なのか?今度は失敗するわけにはいきません。そして成功するまではそれが何であるかは言いません。(ある記事では言ってますけど・・)

 

いずれにせよ、アトピーが治るだけではなく、人生そのものを楽しくするために日々僕は目標に向かって前進しています。あきらめたらその時点で希望が無くなる。

 

常に挑戦する心を胸に抱き、精進していきます。

 

記事下

わずか5日で効果を実感?たった千円でアトピー治療が楽になる

もしもアトピー治療に行き詰まりを感じているのであれば、試していただきたいものがあります。

 

それが管理人も使ってみて効果を実感した整菌スキンケアというアイテムです。

 

苦しい治療は治療じゃない。ストレスをかかえることになり、結果マイナスの成果になってしまうから。そんなのは家の電気を賄うために自転車発電するようなものです。

 

自分がへとへとになるまで頑張っても得られる成果はこれっぽっち。やがて挫折するのは目に見えています。

 

かと言って行き詰って何もしなければこんな思いをすることに。

 

  • 治療なしで症状なんて改善されません
  • 自分の行動に自信が持てなくなります
  • 朝起きて布団に血がついていると憂鬱になります
  • 友達や家族に迷惑をかけ心が痛みます

 

いや、すでに嫌な思いを抱えながら生きてきたのかもしれませんね。

 

そんな思いをするくらいならまずは改善することから始めてみませんか?

 

今なら1,000円のお試し価格。

 

何を試しても駄目だった方は試してみてもいいんじゃないかと思います。1,000円以上の価値がそこにはありますので。

 

整菌スキンケアをオススメする理由を書いてますので、よかったらどうぞ↓

 

知れば納得!整菌スキンケアがアトピーにいい3つの理由

 

現状を打破するにはそれだけの覚悟と行動が必要だということを最後にお伝えしておきます。くれぐれも後悔のない人生を歩んでください。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

-アトピー実体験ストーリー

Copyright© yamayaのアトピーブログ , 2019 AllRights Reserved.