アトピー関連グッズレビュー

みんなの肌潤糖はどんな人におすすめ?アトピーにも良いのか検証する

投稿日:2015年9月16日 更新日:

 

お風呂上りの乾燥が気になっていた管理人。その乾燥具合はというと、密林のジャングルから緑一つないからっからの砂漠に瞬間移動したかのような感じです。

 

管理人補佐:たかし君
うーんイマイチ分かりづらい説明ですね。
管理人:yamaya
いや、すいません。とにかく乾燥がひどいと思ってください。

 

ミイラのように干上がってしまった肌を見るのが辛く、お風呂の入るたびに憂鬱になってしまいます。

 

何か乾燥を防ぐいい方法は無いものかと、ネットであれこれ検索。

そこでこれは良い!と目にしたのがみんなの肌潤糖という保湿ケアグッズでした。

 

さて具体的な感想は後程、書いていこうと思うのですが結論から言うと、みんなの肌潤糖はしっかし保湿ができることを実感しましたので大変満足しています。

 

まあちょっと気になる点もあるのですが、それは後程。まずはお風呂上りにひどい乾燥を起こすのはなぜか?それを紐解いていこうと思います。

 

お風呂上がりのひどい乾燥はなぜ起きる?

乾燥

そもそもお風呂上りに肌が乾燥するのは入浴中に皮脂や保湿成分(NMF)が石鹸などの洗浄効果でごっそりと奪われてしまうからです。

 

それを防ぐために、石鹸を使わないという選択肢もあったのですがアトピー患者の方は細菌の繁殖率が高いので、菌の繁殖を抑えるためにもそういった洗剤は使用したほうが良いかと思います。

 

ただし石鹸の強い洗浄効果により、汚れとともに皮脂やNMFが奪われてしまうのでお風呂上りに乾燥してしまうわけです。

 

健常者の方は皮膚が厚く、バリア機能が整っていますのでそれほどひどい乾燥に陥ることはありません。

 

まあバリア機能が整っているので石鹸の洗浄力のデメリットを受けにくいのもあるんですけどね。

 

アトピー患者はその影響をもろに受けるわけですよ。

 

まさに裸で戦場に突っ込むようなもの。

 

だれが敵かもわからずに戦場に赴き、むやみに体を傷つけているのです。

 

そこで風呂上がりの乾燥を防ぐために、多くの人が保湿剤を使います。

 

ただし闇雲にそれらを使用するのはおすすめできません。アトピー患者は乾燥のほか炎症を起こしている皮膚が大部分を占めており、その炎症部分に保湿剤は逆効果となるためです。

 

炎症のメカニズムを知れば、なぜそのような主張をしているのかが理解できるはずです↓

かゆみ
アトピーのかゆみの原因を知れば希望が生まれるという話

  アトピーを治していく上でかゆみのメカニズムを知るということはとても大切です。このメカニズムさえ知っておけばかゆみの対処ができるからです。     そもそもアトピーとい ...

続きを見る

 

簡単に説明しますと、保湿剤に含まれる防腐剤や保存料はアレルギー反応を起こしやすく、アトピーの悪化材料になりかねないためです。

 

使用する際は肌の刺激にならない無添加のものを使用すると良いでしょう。みんなの肌潤糖はその保湿剤の効果を高めてくれます

 

みんなの肌潤糖を試してみようと思った理由

個人的にみんなの肌潤糖をだけを使っていれば保湿剤はいらないかなと思います。先ほども言ったように保湿剤には保存料や防腐剤が含まれているものが大半で炎症を悪化させるかもしれないからです。

 

実は無添加と銘打っていても、保存料や防腐剤が入っているケースがほとんど。

 

逆にそれらが入っていないと本剤が腐ってしまいますので完全無添加と銘打っている商品のほうが怖いです。

 

いずれにせよ、炎症部分に保湿剤を塗っても保湿剤では炎症は治まらないので、アトピー患者にはあまり効果が見込めません。

 

少し話は変わりますが炎症を抑えるにはステロイドが一番です。副作用が怖いというのも分かりますが正しい使い方を心がければさほど、副作用を心配する必要はありません。

 

僕の場合は、間違った使い方を10年以上もしていたので、副作用の影響をもろに受けていますが・・

 

保湿だけではアトピーの炎症をくいとめることができませんので、保湿に重点を置く前に炎症の対処に重点を置くべきでしょう。

 

この”炎症”に重点を置くと、保湿剤の使用に抵抗を感じるのも理解いただけるのではないでしょうか?

 

肌潤の成分はと言うと特殊な砂糖とそれをコーティングするオイルのみ!

ビート糖・ココナッツオイル・ヘーゼルナッツ油・ブドウ種子油・ ヒマワリ油・サフラワー油・ビタミンE・グレープフルーツ果皮油・オレンジ果皮油・レモン果皮油・ジャスミン油

 

超シンプルなんですよね。

 

今まではステロイドで炎症を抑えても、保湿ができませんので肌は乾燥するばかり。乾燥すればそこからアレルゲンが侵入して炎症を起こす。

 

こんなイタチごっこをやってきました。

 

この状況を打破するためにはやはりステロイドの使用を徐々に減らしつつ、保湿にも心がける必要があります。ただ何度も言うように保湿剤ではそれが難しい。

 

そこで今回目に留まったのがみんなの肌潤糖という保湿ケアグッズだったというわけです。

 

乾燥を防ぐ目的で作られた保湿剤とは違ってみんなの肌潤糖はワセリンのように水分の蒸発を防ぐ作用を持っています。

 

今まで保湿をするならワセリン一択でしたが、ワセリンも化学物質ですから炎症の悪化原因になりかねません。

 

その点、肌潤は砂糖が原料でワセリンのような役目を果たしていますので、炎症の心配がいりません。これって結構すごいことですよね。

 

角質層に留まりますのでセラミドのように水分を保持させる作用も備わっています。

 

上記のプロセスをたどり、僕はこの商品を試すことにしたのです。それが現状を打破するきっかけになってくれることを祈りながら・・・

 

みんなの肌潤糖を3ヶ月使った感想と効果

さて実際に僕がみんなの肌潤糖を3ヶ月使用して効果はあったのかを書いていきたいと思います。

 

冒頭でも言いましたが、使ってみて効果を実感することができましたので非常に満足している次第であります。

 

最初こそはお風呂上りの乾燥が気になるのですが使っていくうちに段々と乾燥が気にならなくなりました。

 

今までのスキンケアとは根本的にやり方が違いますので、やはり最初、商品が届いてこれをいざ使うとなるとかなりの新鮮味がありましたね。

 

見た目はほとんど砂糖、というか砂糖なんですがそれを水で溶かして肌に塗りこむという今までに無いスキンケアに半信半疑になりながら試したものです。

 みんなの肌潤糖

 

で、実際使ってみると徐々に皮膚のバリア機能が整っていったのか、潤いのある肌になっていったんですよね。

 

一体なぜこの商品が肌の機能を高めてくれるのか?ここでもさらっと説明しましたが、公式サイトを見ればその詳細が書かれていますので分かると思います。

 

ざっと要約するとこんな感じかな。本商品に使われる砂糖は、砂糖と言ってもただの砂糖ではありません。

 

普通の砂糖は角ばった形状をしていますが肌潤は形状を丸く整えて加工されていますので肌にダメージが及ぶということはありません。

 

上記のような加工で作られた砂糖は安心して使用することができ、肌の水分を保持させる効果をもたらします。砂糖以外の保湿成分、消炎成分を肌に浸透させそれをワセリンのように砂糖で覆うイメージ。

 

こうすることで今までに無いアトピー肌のスキンケアができるというわけです。

 

ステロイドだけに頼っていた頃とは違い、安心して試すことができます。この安心感が余計なストレスをなくしてくれたのでより効果を実感できたのだと思います。

 

確かにステロイドのような抗炎症作用はありません。ワセリンと比べると水分の蒸発を防ぐ作用も弱いです。ただ使っていくうちに分かります。

 

自分自身の肌が強くなっていくことに

 

時間はかかりますが確実に皮膚のバリア機能が高まり肌が強くなっていくのが分かるのです。

 

みんなの肌潤糖はどんな方におすすめ?デメリットも理解しておこう

さてここまでべた褒めしてきたみんなの肌潤糖ですが若干のデメリットもあります。

 

まず初めに感じたのが全身に使う場合は入浴時でなければ難しいということ。通常の保湿剤であれば時間を問わず使用できませんでしたが肌潤は入浴時にしか使えません。

 

そして効果を発揮するためには本製品を肌につけ、1~2分待つ必要があります。

 

まあ何がいいたいかと言うと若干の手間がかかり面倒だということが言えます。

 

特に冬場ではいくら浴室がお風呂の湯気で温められているとはいえかなり寒いです。そんな中で1、2分待つとなると結構きつい。ガクブル状態まっしぐら。

 

歯をガタガタさせて待つのは本当に辛かったです(笑

 

またあくまで肌をコーティングし外部からの刺激に強くなるコンセプトで作られていますので、内的要因(食物、ストレスなど)で悪化するタイプのアトピーの方には効果が得られないと思います。

 

そのほか、赤みがひどい場合も砂糖が刺激になりますので炎症がひどい方はまず炎症を抑えることに注力したほうが良いです。

 

まとめるとこんな感じ↓

  • 冬場は寒いのでそれを耐えられる方にはおすすめ
  • 今まで肌に合う保湿剤が無かったという方におすすめ
  • 香りがフルーティーなので薬の匂いをごまかしたい方におすすめ
  • 保湿剤に炎症を抑える効果は無いのでアトピーの症状が重い場合は非推奨
  • 何でも理屈だけで解決しようとする方には非推奨

 

結局試してみないと分からないんだよ、こういうのは・・

というわけで以上がみんなの肌潤糖のレビューとなります。

 

砂糖で肌がきれいになるわけがない・・こういうのは理屈で考え効果が無いと断定する方もいますが、結局使ってみなければ分かりません

 

一応当記事でどんな方にはおすすめなのかを考察していますが、それにあてはまらないケースもあるわけで、それは試してみないことには検証できません。

 

アトピー治療に正解はありませんので、良さそうなものがあれば僕は積極的にそれをまず使ってみます。

 

そのうえで改善されればなぜ改善されたのか?改善されない場合はなぜ改善されなかったかをノートに記し、自分にはどんな治療が適しているのかを絞り込んでいます。こうした経験もあり、今では前と比べ物にならないくらいアトピーが改善されました。

 

試すかどうかは人それぞれ。こういったネットの情報(当記事も含め)はあくまで参考程度で知識に取り入れると良いかと思います。

 

難しく考えても分かりません。ただ試してみさえすれば何かしらの結果がでるので今後の治療に役立てられるのは間違いありません。

 

とりあえず試してみたいという方は公式サイトを見てみましょう↓

 

P.sみんなの肌潤糖と一緒に使うとさらに効果を期待できます

みんなの肌潤糖をべた褒めしている管理人ですが、今最もおすすめの化粧品が何かと聞かれたら僕は整菌スキンケアだと答えます。

 

本来みんなの肌潤糖は公式サイトでも言っているように保湿剤を合わせて使うことで効果を最大限に発揮できると言っています。

 

整菌スキンケアは保湿できるうえに肌本来の力を引き出すことができますのでこちらも合わせてご検討ください。

 

詳細については以下の記事で詳しく書いています↓

記事下

わずか5日で効果を実感?たった千円でアトピー治療が楽になる

もしもアトピー治療に行き詰まりを感じているのであれば、試していただきたいものがあります。

 

それが管理人も使ってみて効果を実感した整菌スキンケアというアイテムです。

 

苦しい治療は治療じゃない。ストレスをかかえることになり、結果マイナスの成果になってしまうから。そんなのは家の電気を賄うために自転車発電するようなものです。

 

自分がへとへとになるまで頑張っても得られる成果はこれっぽっち。やがて挫折するのは目に見えています。

 

かと言って行き詰って何もしなければこんな思いをすることに。

 

  • 治療なしで症状なんて改善されません
  • 自分の行動に自信が持てなくなります
  • 朝起きて布団に血がついていると憂鬱になります
  • 友達や家族に迷惑をかけ心が痛みます

 

いや、すでに嫌な思いを抱えながら生きてきたのかもしれませんね。

 

そんな思いをするくらいならまずは改善することから始めてみませんか?

 

今なら1,000円のお試し価格。

 

何を試しても駄目だった方は試してみてもいいんじゃないかと思います。1,000円以上の価値がそこにはありますので。

 

整菌スキンケアをオススメする理由を書いてますので、よかったらどうぞ↓

 

知れば納得!整菌スキンケアがアトピーにいい3つの理由

 

現状を打破するにはそれだけの覚悟と行動が必要だということを最後にお伝えしておきます。くれぐれも後悔のない人生を歩んでください。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

-アトピー関連グッズレビュー

Copyright© yamayaのアトピーブログ , 2019 AllRights Reserved.