アトピーに関する知識

アトピーは薬を使わないで治せるのか改めて考察してみる

投稿日:

 

アトピーを治したい一心で皮膚科に行くと、さも当たり前のように薬を処方されます。

 

果たして皮膚科医はそれでアトピーを治すことができると思っているのか。

それとも治らないと分かっているのにも関わらず薬を処方しているのか。

 

どちらの思惑があるのかは医者でないと分かることではありませんが、薬を出さずにアトピーを治そうと思う医者はほとんどいないというのが現状です。

 

中には脱ステ医(ステロイドや薬なしでアトピーを治そうとする医師)もいますが薬を使わないからと言ってアトピーが治るとは限りません。

 

結局、本質を抑えていなければアトピーを治すことができないのです。

 

逆に言えば、本質さえ理解していればアトピーは薬を使わないでも治せるというのが僕の考えです。

 

薬を使ってもアトピーが治るのか?

先ほど僕は本質さえ捉えていればアトピーは薬を使わないでも治ると言いました。それは実際に僕が薬を断ち、根本療法を実践しアトピーを改善させた経験があるから言えることです。

 

その治療の中で「ああ、やっぱり薬なしでも治るものなんだ」と気づいたわけですね。それと同時に「薬を使っても治るものなのか?」という疑問も湧き上がりました。

 

僕は生まれた時からアトピーでその時から薬漬けの生活を送ってきましたが、症状がきれいさっぱりなくなったことはただの一度もありません。経験上では薬ではアトピーは治らないと断言できます。

 

ただ薬を使ってもアトピーが治るのかと聞かれれば、それはまた違った回答になります。僕が考えるに薬の副作用が出ない範囲で使用すれば、それを使いながらでもアトピーは治せるのではないかと思います。

 

ただそれを実践するためには、アトピーの治療で使われる薬とその使い方を理解しておく必要があります。

 

例えば身を守るために、銃を支給されたとしても、その使い方が分からなければいざという時に何の役にも立ちませんよね。それと同じで薬を使えば改善ができるということを知っていても、その使い方を理解していなければ何の役にも立たないのです。

 

それどころか、下手に扱ってしまうことで副作用に襲われ、苦しむことだってあるのです。銃が暴発して自身の体を打ち抜いてしまうようにね。

 

薬の種類と使い方、理解していますか?

薬にもいろいろ種類があります。種類があるということはそれぞれ、効能も使い方も異なるということです。

 

それを正しく使用するために、以下で簡単に薬の種類と使い方をご紹介させていただきます。

 

ステロイド外用薬

まずはアトピー患者ならだれもが知っているステロイドについて。ステロイドは抗炎症作用のある薬。アトピーは炎症が慢性化した状態にあるので、ステロイドでその炎症を食い止め症状を改善させることができます。

 

患者の炎症度合いによって薬効の強さも変わります。それについては過去記事があるので気になる方はそちらを参照すると良いでしょう↓

知らないと損するステロイドのランクと正しい使い方

 

免疫抑制剤

皮膚科学会ではステロイドの処方が基本治療となっています。しかし副作用を気にする患者も多く、その配慮としてタクロリムスなどの免疫抑制剤が処方されることがあります。

 

免疫抑制剤の特徴はステロイドほどの副作用がないこと。また赤みを取るのに有効なので顔に処方されることが多い薬です。僕は免疫抑制剤は処方されたことがないので使用感については分かりません。

 

一見、ステロイドほどの副作用がないということで、こちらを優先させて使いたいと思うところですが、痒みや痛みを感じることもあるそうです。

 

またステロイドの効能で抗炎症作用があると書いていますが結局はこれも免疫抑制の一つだということ。つまりステロイドも免疫抑制剤も作用はほどんど変わらないということです。

 

強いて言えば免疫抑制剤は免疫そのものの機能を抑えますので、それを塗った個所はウイルスや雑菌に対し、無防備になってしまいます。皮膚にジュクジュクした箇所が見られる場合は、菌が繁殖している証拠なのでそこには使用してはなりません。

 

また効能もステロイドのランクでいうミディアム程度の効能となります。炎症度合いが強いほどかゆみや痛みを感じる度合いが強くなるので、基本的にステロイドと併用させることが正しい使い方です。

 

ステロイドは炎症によるかゆみや痛みを和らげてくれる効果がありますので。

 

内服薬

肌に塗る外用剤とは別に経口摂取である内服薬も存在します。アレロックやタリオンなどの抗アレルギー剤、またステロイドも内服できるものもあります。

 

体の内側から作用する特徴があるので、慢性的なかゆみを抑えることが可能です。ただし、副作用もあるので胃腸の機能を低下させないように管理が必要。

 

特にステロイド内服薬に至っては効果は絶大である反面、副作用も強いので、服用するのであれば医師との相談、計画が絶対です。そちらに関する記事もありますので参考にしてみてください。

恐怖ステロイド内服薬を飲んで僕が感じた事

 

僕はステロイド内服薬で大変な思いをしましたので、あまりおすすめはしないということだけ伝えておきます。

 

その他薬局で買える薬

基本的に皮膚科に言って処方される薬は上記のステロイド、免疫抑制剤、抗アレルギー剤です。このほかに薬局で購入することができる、紫雲膏やタウロミン、ドルマイシンなどがあります。

 

ステロイドが入ったもの、非ステロイドのもの、抗生物質が入ったもの等いろいろな種類の薬が薬局で売られています。

 

個人的に紫雲膏はお勧めの部類に入りますが、保険が効かないのが難点です。また的確にアドバイスができる人(ドラッグストアの薬剤師)も少ないので薬局での購入は慎重に行ったほうがいいでしょう。

 

薬で治そうとすると痛い目に合う

以上、薬の種類とその使い他を説明させていただきました。本記事内で紹介しきれなかった薬もたくさんあります。ただ闇雲に薬を乱用しても治らないというのは冒頭でお伝えした通りです。

 

薬はあくまで対処療法であり、根本療法にはならないということ。

 

それを念頭に置き、治療のサポートを目的にすることが薬の上手な使い方です。かくいう管理人も本質を抑えてなかった頃はありとあらゆる薬を試しては挫折を繰り返していました。

 

もう完全に薬物中毒ですねw決して僕のような道は歩まないでください。アトピーだけではなく、薬の副作用にも苛まれることになりますから。

 

結局アトピーは薬を使ったほうが良いのか悪いのか

さて上の文章を読み進める中で、「結局はアトピーは薬を使ったほうが良いのか悪いのか、一体どっちなんだ」と疑問に感じる部分もあったかもしれませんね。

 

薬をうまく使えば治療のサポートになる。僕はそのように発言しましたが、やはり副作用には注意しなければなりません。

 

結局、物は使いようだということ。アトピーに薬を使ったほうが良いのか悪いのかはあまり気にする必要はありません。良いのか悪いのではなく、使うのであれば正しく使うこと。

 

薬でアトピーは治りませんが、治療の中で薬を使うのであれば、使ってもいいのではないかと思います。

 

特に今、痒くて、皮膚もボロボロで死にたくなるくらい症状が悪化しているのなら、下手な民間療法よりも薬を使ったほうが100倍効果的です。

 

アトピーの治療は辛くて長いもの。言うなればマラソンのようなものです。

 

  • 自分が走ることを辞めればゴールすることはできません
  • 進むべき道に障害があってもゴールできません
  • そもそもゴール自体が見えなければ当然ゴールすることはできません

 

走り続けることは確かに辛いことですが、根本療法を継続さえすれば確実にゴールまでの距離を縮めることができます。薬はその辛さを和らげるもの。栄養ドリンクやシップのような存在です。

 

ただ一点、そこには副作用があることを忘れてはいけません。それを把握したうえでご自身がどうされるのかをお決めください。

 

p.s

ちなみに根本療法が分からないという方は治療カテゴリがありますのでそちらをご覧ください。パソコンだと横のサイドバー部分、スマホの方は下方部分にそのカテゴリがあります。

 

また下記で紹介する整菌スキンケアを使用することで、副作用なく、炎症を抑えられるかもしれません。というわけで気になる方は記事を読み進めてください。

 

記事下

わずか5日で効果を実感?たった千円でアトピー治療が楽になる

もしもアトピー治療に行き詰まりを感じているのであれば、試していただきたいものがあります。

 

それが管理人も使ってみて効果を実感した整菌スキンケアというアイテムです。

 

苦しい治療は治療じゃない。ストレスをかかえることになり、結果マイナスの成果になってしまうから。そんなのは家の電気を賄うために自転車発電するようなものです。

 

自分がへとへとになるまで頑張っても得られる成果はこれっぽっち。やがて挫折するのは目に見えています。

 

かと言って行き詰って何もしなければこんな思いをすることに。

 

  • 治療なしで症状なんて改善されません
  • 自分の行動に自信が持てなくなります
  • 朝起きて布団に血がついていると憂鬱になります
  • 友達や家族に迷惑をかけ心が痛みます

 

いや、すでに嫌な思いを抱えながら生きてきたのかもしれませんね。

 

そんな思いをするくらいならまずは改善することから始めてみませんか?

 

今なら1,000円のお試し価格。

 

何を試しても駄目だった方は試してみてもいいんじゃないかと思います。1,000円以上の価値がそこにはありますので。

 

整菌スキンケアをオススメする理由を書いてますので、よかったらどうぞ↓

 

知れば納得!整菌スキンケアがアトピーにいい3つの理由

 

現状を打破するにはそれだけの覚悟と行動が必要だということを最後にお伝えしておきます。くれぐれも後悔のない人生を歩んでください。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

-アトピーに関する知識

Copyright© yamayaのアトピーブログ , 2019 AllRights Reserved.