顔、頭皮のアトピー

アトピーの方ははげになりやすい?その関係性と対策法

投稿日:2015年12月26日 更新日:

 

頭皮アトピーの方ははげになりやすいという驚愕の事実。

 

僕もライブドアニュースを見て知ったのですが確かにはげになりやすいというのも頷ける内容でした。実際に僕自身も頭皮にアトピーがあった時期はその部分が薄毛の状態になっていました。アトピーの上にはげって・・・

 

もうこんな状況になると最悪の何物でもありません。さて、今回はなぜ頭皮アトピーだとはげになりやすいのか?その仕組みと対策法をご紹介したいと思います。

 

アトピーではげになる仕組み

では早速アトピーであることではげになるというその仕組みをいくつか挙げたいと思います。

 

今回は以下の3つについて解説していきます。

 

  • アトピー性脱毛症
  • 創傷行為
  • ストレス

 

アトピー性脱毛症

上のサブタイトルのようにアトピー性脱毛症と言う言葉があります。

 

見て分かるとおりアトピーと脱毛症の合併症で抜け毛や円形脱毛症といった症状が特徴です。やはりアトピーとはげは関係性があったのですね。さてその仕組みはというとまだ解明されていない部分が多いようです。

 

現段階では毛に対しての免疫がアレルギーとして働くことが原因なのだとか。何でも毛髪の生まれ変わりに正常なサイクルを乱してしまい、免疫として生え変わりを拒否するがゆえに脱毛を引き起こすことが原因だと言われています。

 

なんだそれ?

 

毛髪は毛乳頭という所から栄養が取り入れられそれが毛母細胞に運ばれ細胞分裂を繰り返すことで成長します。

毛乳頭

引用:http://毛乳頭細胞.com/det.php

 

アトピーは免疫異常で起こる病気ですからもしかしたらその異常が毛母細胞に影響を与えるのかもしれません。

 

円形脱毛症とアトピーの関係性

円形脱毛症は原因は特定されていませんが、ストレス以外にも自己免疫疾患が関係していると言われています。何と円形脱毛症患者の40%以上がアトピーを持っていることからもその関連性は高いと言ってもよいでしょう。なので治療においては育毛剤などではなく免疫力の強化に重点を置くべきだと個人的に思います。

 

創傷行為

次に考えられるのが創傷行動です。掻くという行為が皮膚にダメージを与えることになります。

 

そうなれば毛が抜け落ちるのも納得です。これは毛髪に関わらず腕やふくらはぎなどもそう。アトピーの症状があるところを見ると毛が生えていないことが分かります。

 

このことから毛根自体にダメージを負っているということが考えられます。

 

ストレス

アトピー性脱毛症にかかる人の年齢層は20~40歳に多いようです。これはストレスが原因であると言われています。

 

確かに人生においてストレスの影響を一番受ける歳がそのくらいです。就職だったり結婚だったり色々と。

 

アトピーに関わらずストレスは自律神経を乱し、免疫に関わるのでその影響が多ければ抜け毛や脱毛症になっても何ら不思議ではありません。また精神的ストレスだけではなくシャンプーの成分、マラセチア菌など物理的ストレスも影響を与えているでしょう。

 

これら全てに対処するのは困難ですが一つずつ自分のできる対処を心掛けたいところです。

 

頭皮の乾燥ははげへの直行便

上記ではアトピーであることから、はげになる可能性を提示させていただいたのですがお分かりいただけたでしょうか?

 

実はそれ以前に頭皮が乾燥することではげになりやすいという報告も上がっています。アトピーの方は頭皮が乾燥状態にあるのでここも気にしなけれならないポイントとなっています。

 

髪の毛が生えるには毛母細胞が正常に細胞分裂を繰り返す必要があります。その細胞分裂を正常に促すためには頭皮の血行を良い状態に保ち、栄養を行き届けなければいけません。

 

頭皮が乾燥状態にあるということは、血行が悪く栄養が行き届いていない証拠です。生活習慣の乱れにより血行が悪くなるのはもちろん、シャンプーや紫外線の影響を受け、皮膚のバリア機能が低下から頭皮が乾燥することもあります。

 

土が良くなければ芽は育たないのと同じで、頭皮の状態が良くなければコシのある健康的な髪の毛が生えてきません。

頭皮

引用:http://分け目が気になる.com/tumujihage/

 

この状態を放置すれば”はげ”になるのも時間の問題。ですからはげ予防のために、頭皮の乾燥を防ぐこと。そしてその乾燥を防ぐために、ぜひ生活習慣の改善、頭皮の刺激になるシャンプーや紫外線対策をしていただければと思います。

 

アトピーによる脱毛を防ぐ2つの対処法

はげてしまったのは仕方の無いこと。それを悔やんでも悩み続けても症状は何一つ変わりません。え、まだはげてないって?でしたら今のうちに対策をしておきましょう。

 

まずは頭皮のアトピーの症状をいち早く改善させることです。というかこれをやるだけで自然とはげ対策になるのでアトピーの症状を根本的に治療することをおすすめします。

 

育毛剤なんて使う必要はない。

 

育毛剤は皮膚の刺激となる成分が含まれているため逆効果になってしまうリスクも潜んでいます。アトピーの方はそういった刺激物に触れることが命取りとなりますので、そういったものには手を出さないのが賢明です。

 

もしもアトピーではなく薄毛に悩んでいるという方で育毛剤の使用を考えている方は無添加のものを選ぶようにしてください。

 

そもそも育毛剤を使用したからといって毛が生えるとは限りませんので、育毛剤に大きな期待をかけるのもあまり良くないことなのかもしれません。

 

1.頭皮の保湿を心がける

では本題へ。

 

まず第一に頭皮の保湿を試みること。

 

 

まあそれが難しいからアトピー、薄毛、抜け毛に悩んでいるのかもしれませんが・・・そもそも頭皮に使える化粧品にいいのがないというのが問題です。

 

メディクイックはステロイドが入っているし保湿剤は頭皮に塗るのが難しい。ただ探せば良いものは見つかります。

 

僕も頭皮が荒れる時期にお世話になっているのですが、これなんかは炎症を抑えながら頭皮の保湿ができるのでお勧めですよ↓

頭皮のかゆみ用美容液「すこやか地肌」

 

「すこやか地肌」という保湿剤になるですが、使い心地が良く2週間も使うと頭皮の湿疹がなくなって潤いが戻ります。(あくまで個人の体験によるものです。

 

これを使ったからといって直接的に薄毛や抜け毛を無くせるわけではありませんが、頭皮のアトピーの症状を抑えるにはもってこい。

 

定期コースであれば1本4000円と安くはありませんがこれらの症状が緩和されるのであれば安いものだと思います。(いつでも解約可能)

 

ちゃんとした育毛剤はもっと高いですしね。

 

管理人としては、はげになることは絶対嫌だったので早めに手を打って正解だったと切実に思います。

 

詳しくはレビューも書いていますのでこちらを参考にしてみると良いでしょう↓

頭皮の乾燥にはすこやか地肌がいい

 

2.免疫力の強化の徹底を

続いて実践してほしいのが免疫力の強化です。

 

アトピー=免疫異常を示しますので頭皮だけではなく体の症状を治すうえで免疫の強化(正常化)は絶対だと考えてください。

 

免疫異常で毛根を攻撃してしまうなんていう愚かな行為をさせないためにも正常化させなければならないのです。

 

さてその方法なのですがやることはいたってシンプル。以下の記事を読むことでなぜそれらが免疫力の正常化につながるのかが分かると思いますので是非ご一読ください↓

アトピーを根本的に治す生活習慣の改善

-顔、頭皮のアトピー

Copyright© yamayaのアトピーブログ , 2019 AllRights Reserved.